Golf Tips Vol. 30

フェード考

時々コースで出会うDon(ドン)に、「フェードの打ち方を見せてくれ」と頼んだことがあります。彼の説明では、1) オープン・スタンス、2) グリップはしっかり握る、3) アップライト・スウィング…というもので、これ以外の何も考えなくていいというものでした。その後、会う度に「フェードは打てるようになったか?」と聞かれます。「いやあ、難しい」と答えると、「絶対諦めるな」と励まされます。

実は、これまで何人かにデモンストレーションを頼んだのですが、一人として「これぞフェード!」という球筋を見せてくれた人はいません。ほとんどストレートに近いものでした。ロー・シングルのDonですらです。まあ、急に「さあ、見せろ!」と云われて実演するのも大変なのでしょうが、上手い人達にもフェードは結構難しいものらしいと感じました。

「ストレートな球筋というものはない。必ずどちらかに曲がる。どっちに曲がるか分らないというのでは最低で、思い通りの方に曲がる球筋を会得すべきである」という説があります。また、フックは距離は稼げますが、どんどこ転がるため林やOBへの近道でもあります。どうしてもフェードを身につけたいところです。

ただ、これ迄読んだフェードの打ち方は、説明は簡単そうでもなぜかうまく実行出来ませんでした。Donのセオリーも例外ではありません。ところが、今日の練習で初めて「あ、これでいいのか!」と実感出来るショットがいくつか出ました。フェードでなくストレートになることもありますが、フックは回避出来ます。まだ、ほんの緒についただけなので、この時点で報告するのは気が引けますが、多分このまま練習を重ねればいいのだろうと思います。この蔭には二冊の本の助けがありました。

'The Complete Golfer'
by Tom Dorsel, Ph.D. (Allyn and Bacon, 1996, $19.00)

1) ターゲットの一寸左を向いたオープン・スタンスに構える。

2) 両腕の位置を動かさずに、クラブ・フェースがターゲットを指すようにクラブを回す。

スウィングには何の変更もしない。

1) ターゲットの左に両足と両肩を揃える。

2) 大抵のアマチュアは普通のグリップで握ったまま、クラブ・フェースをオープンに捻ろうとするが、これではオープンにしたことにならない(フェードではなく、プルになってしまう)。先ず、クラブ・フェースをオープンにしてからグリップを締める。

3) 通常の、両足と両肩で作られる線に沿ってスウィングする。

上の二つの記事には、ウィーク・グリップだの、アウトサイド・インの軌道だのという説明が一切ありません。結果的にはそれと同じことが起るのですが、筆者たちは巧妙にシンプル化した説明に撤しています。

 

'Corey Pavin's Shotmaking'
by Corey Pavin with Guy Yocum (NYT Special Services, Inc., 1996, $11.20)

これ迄私が失敗していたのは、グリップが原因でした。Corey Pavinが云うように、私も構える前にグリップしたままだったのです。上記二つの説明を総合した結果、クラブ・フェースをターゲットに向けたまま、(そのままだとストロング・グリップになってしまうので)オープンにした足、肩に合わせて通常のグリップになるようにセットする(クラブ・フェースとの関連で云えば、結果的にウィーク・グリップになる)。

更に、以前は「両足と両肩で作られる線に沿ってスウィング」でなく、ターゲット・ラインに沿ってスウィングしていたので、超インサイド・アウトのスウィングになっていたのです(無茶苦茶)。「両足と両肩で作られる線に沿ったスウィング」ですと、(ターゲット・ラインとの関連では)黙っていてもアウトサイド・インになります。これならボールは右回転するわけです。やっと納得。

次は、私の個人的セットアップ順序です。

1) クラブ・フェースをターゲット・ラインに合わせる。
2) フェースの向きを保持したまま、身体全体をオープンにする。
3) 足、肩のラインと平行の線がスウィング軌道なので、それにスクウェアになるようにグリップをセットする(ホンのちょっぴり左に廻すことになる)。
4) 足、肩のラインに沿ってスウィング。

(October 05, 1999)


Squareな奴(左にフェード?)

フェードの練習を重ねていますが、妙なことが起きています。アイアンでは綺麗なフェードがかかるようになったのですが、フェアウェイ・ウッドになるとダック・フックになるのです。

'Practical Golf'
by John Jacobs with Ken Bowden (The Lyons Press, 1972, $13.76)

著者のJohn Jacobs(ジョン・ジェイコブス)は、英国有数のインストラクター。

この本はAnthony Ravielli(アンソニイ・ラヴィエリ)のイラスト付きです。著者John Jacobsも、わざわざ「Anthony Ravielliに挿絵を描いて貰って光栄だ」と書いています。'Ben Hogan's Five Lessons'『モダン・ゴルフ』のイラストほど素晴らしくはありませんが、それでも一流の仕事ではあります。

加えて、'Why better golfers fight a hook'という一章が目に付きました。只のフック解消法ならごまんとありますが、「何故ベター・ゴルファーはフックに悩むのか?」という、“ベター・ゴルファー”という表現が気に入りました。私はフックに悩んでおりますが、ベターと云って貰えるのは嬉しいものです:-)。

John Jacobsの説明によって、私のは単純なフックではないことが分りました。フックは、一度右へ出たボールが左に曲がるものであり、ストレートに出て左へカーヴするのは"Tail-away hook"(テイル・アウェイ・フック)、左に出てさらに左へカーヴするのは"Pulled hook"(プル・フック)だそうです。私のレパートリーには両方含まれますが、いずれの場合もクラブ・フェースがインパクトでクローズになるのが原因。“ベター・ゴルファー”によるフリーな腕とクラブヘッドによるスウィングが、このクローズド・フェースをもたらすのだそうです。

ここで重要なのは、プル・フックはアウトサイド・インの軌道によるもので、スライスの親戚なのだそうです。クラブ・フェースがクローズだからスライスにならず、プル・フックになるだけ。これは驚きでした。私の場合、過度にインサイド・アウトはあり得ても、アウトサイド・インは無いと思い込んでいたからです。

で、フェースがクローズにならないような練習をやってみたのですが、相変わらずフェアウェイ・ウッドでは乱れます。そして、あることが判明しました。フェアウェイ・ウッドになると頭の角度が妙に落ち着かないのです。スクウェアな構えなら、頭(両目を結ぶライン)もターゲット・ラインに揃えますが、フェードを打つ場合は足・肩のラインに揃えなければなりません。ところが、頭を足・肩のラインに固定しようとするとクラブ・フェースもそれに近くなろうと勝手にじわじわとクローズ目になり、クラブ・フェースを固定しようとすると頭は足・肩のラインを裏切ってターゲット・ラインに揃ってしまう。つまり、フェースと頭が連動してしまうのです。

頭(両目を結ぶライン)がターゲット・ラインに平行な場合、スウィングもターゲット・ラインに沿って振られて過度のインサイド・アウトとなり、最悪のプル(真っ直ぐ左)になります。

なぜ、こんなことが起るのか。シャフトが長くなって、ボールとの距離が離れてオープンの角度が落ち着かないほど大きくなったから…というのが一つの解釈です。もう一つは長年スクウェア一筋でやって来たため、それから脱却出来ないという見方。"Square"という言葉には「旧式の」、「堅物の」という意味もあります。どうも私の場合、四角四面で融通が利かない“Squareな奴”という形容詞が相応しいみたいです。

(October 11, 1999、改訂May 29, 2015)


矢野式フェード応用篇

カリフォーニアの矢野さんが「フェード考」へのリアクションとして寄せて下さった記事です。

私がフェードらしきものを打つ時にやっている事を、高野さんのセットアップ手順を参考にして書きます。

1) ティー・ショットでは、ボールはやや低めにティー・アップ。
2) ボールの位置はやや左足寄り。
3) クラブを(両手ではなく)右手で持って、クラブ・フェースをターゲット・ラインに合わせる(イメージした右曲がりする軌道の左側限界点をターゲットにする。ストレートに出てしまってもその方向ならば大丈夫なポイントを選ぶ。安易に左ならどこでもOKとはしない)。
4) フェースの向きを保持したまま、通常ターゲット・ラインと平行に両肩が形成するラインを、よりオープンにする(足の位置はあまりオープンにはこだわりません。上体と下半身があまりに方向違いにクロスするのは駄目でしょうが、多少ずれても大丈夫だと思います)。
5) 後はイメージする球を頭に描いて、余計な事はせずに(スライスだからアウトに上げるとか、アップライトに上げるとか考えずに)肩のラインに沿ってスウィング。

これでいい結果が出れば善し、失敗してストレートに行っても、先ずは安全なサイドに球は飛んで行く…筈です(^^)。

ほとんどの方は練習場でドライヴァーなり、7番アイアンなりのベストの飛距離と球筋を打つ事を重点にして球を打っておられて、曲げる球を練習してないでしょうから、実戦でいきなりフェード、フックを打ちにいっても確率が悪いのは当然です。インテンショナルに曲げる球は、練習場での練習無しにやるのはかなり難しいと思います。

(October 18, 1999、改訂January 02, 2017)


上り、下りの度合い

以下は1999年4月のアンケートの際、お応え下さった皆様に御礼としてお届けしたTipsの一つです。

私のパッティングの準備ですが、先ず勾配の下から上り、下りの度合いを判断します(「ストックトンの技法」参照)。次にボールの後ろに廻って、先ほどの勾配を勘案してラインを想定します。で、パット。

上り、下りの度合いは即座に判りますが、ラインを考える方は時間がかかります。あれこれ考えているうちに心はラインに占領され、ヒットする強さの基準となる上り、下りの度合いを忘れてしまうことがあります。打ってから「いけね、相当な下りだったんだ!」 で、物凄くオーヴァーしたりしちゃいます。

そこで登場するのが、上り、下りの度合いをユニークな表現で記憶し、アドレス後にそれを復唱するという方法。例えば、上り、下りの度合いを調べる時に「もの凄い上り」、「死にそうな位の上り」、「わあ、大変な上り」、「結構な上り」、「やや上り」、「ちょい上り」、「さりげない上り」、「全く気にしなくていい上り」などと定義します。一風変わった表現の方が、後で思い出すのに楽です。その日の気分によって変えます。

「えっと、“結構な上り”だったな…」とか思い返すのが最終チェック。これで強さを間違えることはなくなります。

(November 09, 1999)


フィニッシュ・ポジション

'Mind Under Par'
by David F. Wright, Ph. D (Behavior Change Media, 1997, $15.96)

「バック・スウィングのトップでの両手の位置に焦点を合わせた場合、右側に留まり過ぎてプッシュ、カット、スライスなどを誘発する。あるいはクラブが減速して、ファットに打ってしまい、どでかいディヴォットをとる結果になるかも知れない(編者註:私はこれが出ることが多い)。

スウィング・ポジションについて考えるなら、フィニッシュ・ポジションを考えること。このイメージと思考の焦点はボールを通して大胆に振り抜く結果をもたらす」

(November 21, 1999)


前頁 ← | → 次頁



 Copyright ©  1998-2017   高野英二  (Studio BE)
[Mail]
 Address: Eiji Takano, 421 Willow Ridge Drive #26, Meridian, MS 39301, U.S.A.