Golf Tips Vol. 11

静かなドン

先日、練習グリーンでパットの練習をしていたら、一度だけ一緒に廻ったことのあるDon(ドン)がやって来ました。アメリカ人としては小柄ですが、やや肉付きのいい、見るからにパワフルな体型。「最近、仕事の方はどうだい?」とよくこっちのことを覚えています。

彼はハンデ3〜4という、ここのクラブでもトップ・クラスのゴルファーです。一緒に廻った時に、彼が珍しくフェアウェイ・ウッドをトップしました。やけにでかいウッドなので、「クラブは何?」と聞いたら、「ドライヴァーだ」と云う答え。フェアウェイでドライヴァーを使うのはTiger(タイガー)とかFred Couples(フレッド・カプルズ)ぐらいかと思っていたので、びっくり。

折角のチャンスなので、色々聞いてみました。
Q「初めて80を切った頃はどういう風だったの?」
A「グリーン周りのチッピングを一生懸命練習して、それが助けてくれた。Ben Hogan(べン・ホーガン)の言葉だが、もし寄せが常にピンをオーヴァーするようだったら、グリップを堅くせよ、もし常にショートするようだったら弛めにせよ…というのがある。これは役立った。ゴルフはフィーリングだと思うので、実はメカニックにはあまり関心が無い。練習場で300発も打つなどいうことはしない。基本は知っていなければならないが、その後は猛練習の必要は無いと思う。新しいクラブを買った時は相当練習しなければならないが、最近はクラブなど買わないのでその必要も無い」

Q「ロー・ハンデを維持するのは大変なプレッシャーなんじゃない?」
A「スコアを気にしてプレイするわけじゃないので、プレッシャーは感じない。目標はフェアウェイの真ん中に正確に打つということであって、それが上手く行ったかどうかが重要。パーやバーディは結果でしかない。ゴルフ場に来る時の心構え("frame of mind")が問題だと思う。スコアだけ追求するゴルフは正しい考え方ではない。フェアウェイをキープするとか、最小パット記録を更新するといった目標を持つのが正しい態度だと思う。ゴルフは毎日同じじゃないし、いつも何か発見があり学ぶことがある。完璧なゴルフというのは不可能なので、いくつかミスをするのは当然、それはそれで認めるしかない。よくクラブで地面をひっぱたくような人がいるが、そういうことはしない。かなりひどいプレイだった時は、三日とか一週間とかゴルフから遠ざかる。プレッシャーを感じるのは、お金を賭けた時だね:-)」

(December 05, 1998、改訂May29, 2015)


矢野流「80を切る!」

80が切れずに焦る筆者に、カリフォーニア在住の矢野さんから次のようなメールが届きました。

運動神経の発達した人や、若いうちから始めた人以外は80を切るのに結構時間が掛かると思います。シングルさんへのアンケートで、シングルになるのに掛かった年数を聞くと始めて直ぐ(2年くらいで)シングルになる集団と、次に多かったのが10年ぐらいだと記憶してます。

「虎の穴」の首領も書かれてましたが、ある日いきなり「それ」はやって来ます。私の場合は渡米前の日本のベストが49+42=91でして、渡米後半年くらいで83(その時は最終ホールパー4で、パーなら79でしたが緊張でダプルパーの8でした)まで出ましたが、その後長期低迷で2年くらいこれが更新出来ませんでした。6年目からボチボチ30台が出始め、最後に70台が出ました。結構時間が掛かってます。ちなみにフランスにいる同僚もやはり5年目ぐらいで70台に突入しました。私の最初の70台の時はティーショットは確か全て3番ウッドで打ってましたから、やはり飛距離ではなくグリーン周り、グリーン上がキーだと思います。もちろん最終的には飛んで、寄せられないともっと良いスコアにならないのでしょうけれど、取り敢えずは何かスコアをまとめられる武器があればいいと思います。

最初は80台で満足してましたが、ある程度の腕になってから、武者修業として月に1回はトーナメント(主に日本・日系人の集まり)に出て、上手な人と廻りアドバイスを受けたり、技術を真似したりするようになり、結論としてまずは「寄せとパター」の力が全然違う事を認識してそれに練習の重点をさいて最終的にスコアがまとまって来ました。

高野さんはアメリカへ来られてからの時間は私より全然浅いですから、まだまだ時間がたっぷりあります。結果だけ求めて焦ってやるよりもじっくりやった方が、結果的に安定した力になると思います。一回だけ70台で回った事があるというより、70台を毎度と言わないまでも狙える位置にいられるような安定感をつけた方がいいですよね。

(December 09, 1998)


経験値

ロール・プレイング・ゲームというのがあります。元々は双六みたいなボード・ゲームで、アメリカの子供達の遊びでした。登場人物のどれかになって、迷路の中を怪物と闘いつつ、魔法の呪文や無敵の剣を手に入れ、次第にパワーが増して行くというのが特徴です。これがコンピュータ・ゲームとして移植され、年齢に関係無く世界中で愛好されるようになりました。

'Wizardry'(ウィザードリィ)が、そのコンピュータ版ロール・プレイング・ゲームの草分けで、私はこれがやりたくてApple IIコンピュータを購入したようなものでした。仕事から戻ると、すぐ'Wizardry'。食事が終ると、すぐまた'Wizardry'。「経験値」というのがあり、怪物をやっつける度に数ポイントずつ上がります。これがある程度蓄積されないと、上級の魔法が使えず、したがって強い怪物のいる層に進めない仕組みです。ですから、「経験値」を上げるために怪物の残党をやっつけるべく、既に知り尽くした層を何度もうろつかなくてはなりません。

現在の私のゴルフは、まさに上のようなゲームをやっている感じです。「経験値」のポイントを増やすために、ひたすらコースをうろついているという…。ロール・プレイング・ゲームは「経験値」が上がれば先へ進めるのですが、ゴルフはそう簡単ではありません。万年ダッファーというセンもあり得ます。しかしまあ、「経験値」を上げればどうにかなると信じるしかありません。「無敵の剣」(Big Berthaなど)を手に入れるのは経済的に難しいのですが、「魔法の呪文」(Tips)だけは覚え切れないくらい授かっています。これだけが頼りです。

(December 14, 1998)


マリガン

その日最初の一打が失敗した場合に、「今のは無し!」にして打直しの二打目から数えるという(囲碁・将棋における「待った!」みたいな)庶民的ルールがMulligan(マリガン)。トーナメントにはあり得ません。先日、前の四人組のスタートを見ていたら、池に入れたわけでもなく、ごく普通にティー・ショット出来た人間まで二打目も打っていました。これはあんまりです。待ってる方がイライラします。ま、こういう人達は少ないですが。

'A Round of Golf with Tommy Armour'
by Tommy Armour (Lyons & Burford, 1959, $13.95)

この本の著者Tommy Armour(トミー・アーマー)はスコットランド生まれのプロ。アメリカに移住後、いくつもメジャーを制覇しました。

「スコットランドにはMulliganなんてなかった。失敗したら、失敗したわけだからその分を数える。御名御璽。

アメリカへ来てからMulliganというものを知って愕然とした。その発想が理解出来なかった。後に、ああ、これは無思慮なゴルファーに反省の機会を与えるためのものかと思い当たった。

Mulliganが最初の一打だけでなくどこでも使えるとしたら、一日中プレイした160打から80だけ数えるという輩が出て来るだろう」

(June 27, 1998)


冬場のゴルフ

'One Move'(ワン・ムーヴ)の著者Carl Lohren(カール・ローレン)によるtip。

'Getting Set for Golf'
by Carl Lohren with Al Barkow (Viking Penguin, 1995, $18.95)

「体温は頭部から抜けて行ってしまうので、帽子を被るのは重要。保温のいい下着やミトン(手袋より温かい)も重宝。薄いのと厚いのと二つの靴下を履く。一ヶ所に留まってはいけない。常に動き続けること」

「ボールは暑い季節のように飛ばない。ワンクラブ上げた方がよい。寒風は温風よりヘヴィで、抵抗が大きい。5 mphの寒風は約15 mphの温風に相当する。グリーンは通常堅いので着地後のランを計算すること」

何方もやっていることでしょうが、予備のボールをポケットに入れておいて温めておくのがいいようです。冷えたボールは弾力が無く、飛ばないと云われています。ワン・ホール毎に交換します。

シニア・プレイヤーのEddieが、「冬は女性用のボールを使うのがいいよ」と云っていました。コンプレッション度が低いので、寒気の中でも飛ぶということなのでしょう。これはまだ試していません。

(December 21, 1998)


[Justin & Lee]イレギュラー軍団

'Golf Digest' 1997 No.10にJustin Leonard(ジャスティン・レナード)のスウィングの分解写真が掲載されました。彼は背も低く、あまりパワーがある方でも無さそうなので、私などが模倣するのにぴったりのタイプです。しかし、つぶさに写真を見ていくと、凄いトップなのです、これが。左肱は明白に折れているし、クラブヘッドは左腋の下に近い高さまで下りています。オーヴァースウィングなんてもんじゃありません。しかし、解説者はこれらに全く言及していません。

やはり'Golf Digest'の1998 No.1にLee Westwood(リー・ウェストウッド)の分解写真が登場。彼はイギリスの若手のホープです。で、このLee Westwoodですが、インパクトで左肱が折れているのです。解説では、「Westwoodはインパクトで頭を下げるので、左腕がそのままだと間違いなくボールの後ろの地面をヒットしてしまうかテンプラになる。その調節のためにクラブヘッドを引き上げる必要があり、左肱が折れるのだ」とか。淡々とした客観的解説で、非難めいた色彩は全然ありません。

Jim Furyk(ジム・フュリック)の往復で軌道が違うイレギュラー・スウィングも有名ですが、彼はトーナメントで常にTop 10に入る好成績だし、WestwoodもLeonardも順調に勝利しているので、誰も非難しないのでしょう。勝てば官軍です。我々がやったって(実際にやってるわけですが)わざわざ分解写真を撮ってくれる物好きはいません:-)。

(July 14, 1998)


トリプルボギーの上

Double bogey(ダブル・ボギー)、Triple bogey(トリプル・ボギー)はもう“日本語”になっていますが、ではそのトリプル・ボギーの上は御存知ですか?パー4だと8の場合。英語では"quadruple bogey"(クァドループル・ボギー)と云います。日本でプレイしていた時は恥ずかしさもあって、「スコアは?」「蛸(たこ)で〜す」とか云って笑って胡麻かしていたものです。ではその又上は何と云うでしょう?パー4で9の場合。"Quintuple bogey"(クウィンチュープル・ボギー)です。何故こんなことを知ってるかって?よくやるからです:-)。今日もパー5で9を出しましたから立派な"quadruple bogey"です。

(April 20, 1998)


素朴な疑問

「小林浩美は前半に3バーディーを奪って通算15アンダーとし、首位に1打差の2位に上がった」(Asahi.com 8/3)。これは時事通信による配信記事です。よく見掛ける表現なので違和感は無いでしょうが、「3バーディーを奪って」というのが妙です。誰から、あるいはどこから奪ったのか?マッチプレイなら、「バーディーを先取し」とか云えますが、ストローク・プレイではそれもありませんし、奪う相手がいないのです。よく云われる“パーおじさん”から奪ったのでしょうか?しかし、“パーおじさん”はゴルファーにだけ通じる精神的、心理的な存在なので、客観を旨とする新聞記事にはふさわしくありません。推測ですが、「阪神から三連続ホーマーを奪い…」とか書く威勢のいい野球の表現を、無理にゴルフに適用したのではないでしょうか。ゴルフは淡々とした運びの個人的ゲームなので、しゃっちょこ立ちしても威勢よくはならないのですが。

「メジャー大会3連覇を狙った朴セリ(韓国)は通算5アンダーで41位 に終わった」これも上の記事の一部ですが、「メジャー大会3連覇を狙った朴セリ」というのは事実でしょうか?デュ・モーリエ・クラシックに参加した以上、Se Ri Pak(朴セリ)は当然三連覇を狙ったと解釈は出来るのですが、トーナメント前日のインタビューで、「私は赤ちゃん(baby)だし、いいプレイヤーが一杯いるから…」と、日頃の強気がすっかり影を潜めていて、三連覇への気迫はまるっきり感じられませんでした。U.S. Women's Openの時は何度聞かれても、「ナーヴァスになっていない」と云い張っていたほど強気だったのに、一体どうしたというのでしょう?Tiger Woods(タイガー・ウッズ)も二十歳を越えているのに「俺はまだ子供(Kid)だから…」とか云っていましたし、Se Ri Pakも二十歳で“赤ちゃん”ですと。不思議ですねえ。子供は背伸びして子供に見られたがらないのが普通だと思っていたのですが、この人達はいつまでも子供でいたいような感じです。まあ、Tigerは父親コンプレックスなので、解りますが。結局Se Ri Pakは通算5アンダーで41位に終わりました。

昔は新聞・雑誌が「青木選手」、「尾崎選手」とか書いていました。プロの一匹狼なんですから、どこからも選ばれたわけではなく、「選手」はおかしいのです。プロレスラーを「マッチョ・カマッチョ選手」と云うのと同じ位、馬鹿げています。今はもうこういう表現は無くなったでしょうか?少なくともAsahi.comには出て来ません。しかし、私の頭の中では、まだどこかで「青木選手」と呼んでいる部分があります。慣れは恐ろしい。

私のドライヴァーの飛距離は精一杯飛んでも240 yardsです。しかし、John Daly(ジョン・デイリー)は最近パターによるティー・ショットで240 yards飛ばしたそうです。馬鹿にしてるじゃありませんか。パター・ヘッドやシャフトなんて、飛ばすように出来ていないし、第一極端に短いじゃないですか。それで、何で240 yardsも飛ぶの?んも〜っ!

(August 05, 1998)


賭けゴルフ

ゴルフ場の常連がそれぞれ勝手に決めた名前と方式が横行し、コースAの方式はコースBではポピュラーでないということがあり得ます。

コースAではシニア達がScats(スキャッツ)と呼ぶ方式で遊んでいます。これは、TVで観られるSkins Gameと似たようなものです。あなたが一人だけパーなら10セント、バーディなら20セント、イーグルなら50セントずつ他のメンバーから貰える仕組み。チャラなら10セントずつ次のホールに上積み。同じコースAでも複雑なScatsをする人々もいます。あなた一人だけ他より良ければ25セント、バーディなら更に25セント、ショート・ホールでワンオンしたら25セント貰え、全員チャラなら次のホールに10セントずつ上積みという方式。四人だと、これは結構額が大きくなります(大騒ぎするほどでもないですが)。

以上は一緒に廻る組全体での賭けですが、当然その中の“宿敵”との個人的賭けも並行して行なわれます。ハーフの最後で、敗色濃い方が一気に挽回出来るオプション「プレス」(勝てばチャラ、負ければ倍)というのもあります。

コースBの常連はSnake(スネーク)という方式を好んでいます。これはスリー・パットしたら他のメンバーに25セントずつ払うというもの。仮に四回スリー・パットして他の三人に払うとしても合計$3.00(約¥360)ですから大した額ではありません。他の一人、二人もスリー・パットするでしょうし。しかし、誰しも罰金は払いたくないので、真剣にパットするようになります。これはスコア・メーキングのためにもいい賭けだと思われます。

(November 18, 1998)


「80を切る!」日記創世記

以下は1998年4月1日の、この「日記」の最初の記事です。

1996年の新年の抱負は「禁煙」、1997年は「90を切る」で、両方とも何とか実現したのです。で、1998年は「80を切る」なのですが、考えてみれば無茶苦茶な話。何でも新年の抱負に設定すればいいというものではない。一寸一生懸命やれば誰だって90は切れる。しかし、80を切るというのは相当難しい。これが新年の抱負で実現出来る位なら、「宝くじを当てる」、「早漏を克服する」、「体重を50Kg減らす」、「不良息子を更正させる」…何だって不可能なことは無いということになってしまう。

しかし、です。私はアメリカ南部(ミシシッピ州)の片田舎のMeridian(メリディアン)という小さな町に住んでいるのですが、日本から頂く手紙に「又30台でラウンドした」とか、「ホールインワンを出してしまい」とか、やたら刺激的な文句が目に付く昨今なのです。運動神経がいい人たちだから、まあこちらとは違うのですが、ほぼ同じ頃にゴルフを始めたという経緯を考えると大いに癪に触る。で、1998年の二月には集中してラウンドし、なんと13回もプレイしてしまいました。月イチ・ゴルファーにとっては一年分、あまりチャンスに恵まれない人にとっては十年分ぐらいを一ケ月でやってしまったことになる。これはこちらのゴルフ料金が安く、当人が失業状態で時間もあるから可能なのですけど。集中した結果どうだったかというと、これが全く成果無し。仕舞いには100をオーヴァーするという無残な結果になったため、続く三月はコースには出ないという自宅謹慎の刑を自らに課したのであった。

この自宅謹慎処分は有効だった(と思う)。何冊かのいい書物に出会ったし、いくつか参考になるヴィデオも観ることが出来た。ついでに、このHome Pageを開設するアイデアも得た。私は不定期で日本の友人達に向けNewsletterを発行しているのですが、ゴルファーの読者はそう多くないので書きたいことがあってもあまり分量を増やせない。Home Pageなら関心のある人しか来ないのだから存分に書ける。「存分に書ける」と云っても公開するものである以上、読者の参考になることに的を絞りたい。当人がシングルじゃないので偉そうな講釈は止めるし(引用はします)、誰もプレイ出来ないMeridianのゴルフ場の詳細を描写するのも避けたい。観たり、読んだり、聞いたりして、しかも実践的に役に立っていることを書き留めておく“スクラップブック”といった感じにしたい。出来れば1998年中に“新年の抱負”を達成し(一度でいいのだ)、この日記公開から足を洗いたいと思うのだが…。

(April 17, 1998)

前頁 ← | → 次頁



 Copyright ©  1998-2017   高野英二  (Studio BE)
[Mail]
 Address: Eiji Takano, 421 Willow Ridge Drive #26, Meridian, MS 39301, U.S.A.