May 10, 2017

スプラッシュ型バンカー・ショットのコツ

一日二時間、計10日で20時間のバンカー・ショット練習を充分長いと云えるかどうか知りませんが、これまでに体得したコツを記しておこうと思います。以下は全てグリーンサイド・バンカーについてのものです。

スプラッシュ型は爆発ではなく、1センチぐらいの深さの砂を水平に浅く掻くメソッドです。レーキで右から左へ砂を均(なら)す動作に似て長めのディヴォットを取ります。Byron Nelson(バイロン・ネルスン)は「リンゴの皮のように、浅く剥く」と云っています。云い得て妙です。

さて、今のところ私が発見したコツは次のようなものです。

左腕を伸ばす

 ゴルフ入門時から抱いている砂の恐怖と《バンカーでは砂に触れてはいけない》というルールのせいか、インパクトでチキン・ウィング(左肘を折ってしまう)になることがあるような気がします。肘を折ってスウィング半径を縮めれば、当然クラブヘッドは砂に突入せず、ボールを直接打ってしまい、特大ホームラン。私がプレイしているコースの赤土のように、雨や散水の後は足をもぞもぞさせても砂に潜らないバンカーでは、意識的に左腕を伸ばさないと砂でなくボールを打ってしまいます。

 この対策ですが、アドレスで左前腕を僅かに弓なりにし、左肘をロックしてしまうという方法を用います。これはフェードを打つ時にフェースを返すのを防ぐためや、手首の自由度を制限してスクウェアにパットするために効果的な手段ですが、チキンウィング防止法としても役立っています。

バンカーでもFLW

 "FLW"は"Flat Left Wrist"(真っ直ぐな左手首)の略です。これは方向の正確さを求めて手首の自由度を制限したいパッティングやチッピングで推奨されることが多いのですが、私はバンカー・ショットでも必要だと考えます。

 

 バンカーからボールを上げる時は、絶対に右手を返さないのが基本。でないと、ボールを宙に浮かべるに必要なロフトを減らしてしまいます。これはエクスプロージョン型でもスプラッシュ型でも同じ。ストロング・グリップは厳禁で、ウィーク・グリップでないといけません。右手を返さないためには、FLWを念頭に置く必要があります。特にスプラッシュ型バンカー・ショットでは、左手甲で砂を水平に掻き取る意識がコツだと思います。

(1)と(2)を合わせると、左腕を伸ばし硬直させることがスプラッシュ型バンカー・ショットの秘訣と云えそうです。

クラブが砂に突入する地点をスタンス中央とする

 私はボールの後方10センチをスタンス中央にしています。これ以上長いと、いったん砂を打ったクラブヘッドがバウンドして直接ボールを打ち、ホームランを製造します。ボール後方10センチがスウィング弧の最低点となり、硬直させ伸ばした左腕がスウィングの不変の半径を形成するため、リンゴの皮を薄く剥くようなバンカー・ショットが達成出来ます。

両手をボール後方でアドレス

 エクスプロージョン型のバンカー・ショットでは、クラブフェースをオープンにし、ターゲットのかなり左を身体とスウィングラインで狙いますが、スプラッシュ型ではフェースはスクウェアで、フェースも身体もターゲットを狙います。しかし、ハンドファーストではなく、ハンドルを臍の下辺りまで戻して構えます。これもロフトの温存に役立ちます。

左肩をボール位置まで廻し、右肘を身体に近づける(コックする)

 これは15〜20ヤードの場合で、10ヤード前後だと肩の動きはもっと短くします。

スローモーションでスウィングする

 距離が長くても短くても、スウィングを急ぐ必要はありません。バックスウィングもダウンスウィングもスローモーションで。

以上の(3)〜(6)についての詳細は「バンカー・ショットの盲点」(04/05)を御覧下さい。

・私は、手持ちのサンドウェッジの中から最もバウンスの少ないものを使うことにしました。スプラッシュ型ではバウンスを必要としませんし、バウンスが少ない方が芝の上や裸地で用いる場合に好都合だからです。

・ロブ・ウェッジでは「ピッチングとチッピングの距離調節」(tips_169.html)に記した細かい設定でスウィングしていますが、サンドウェッジではハンドルの長さを単純に「短・中・長」の三つに分けています。10ヤード前後なら「短」で握り、20ヤード前後なら「長」で握ります。

暴力的パワーも慌てふためいたスピードも必要なく、スローモーションでスウィングするのがコツです。ただし、砂に負けてフォローが取れないようだと脱出に失敗します。「きっぱりとフォロースルーを取る」決意が必要です。左右対称のスウィングを心掛け、2時のバックスウィングなら10時のフォロー、3時のバックスウィングなら9時のフォロー。これはバンカー・ショットで最も失敗し易いポイントなので、ラウンド前に必ず長・短のバンカー・ショットを練習し、「きっぱりとしたフォロースルー」の重要性を確認すべきです。

上のようなコツを呑み込んで以来、多くのサンディ・パー(たまにサンディ・バーディ)を実現しています。

 

【参考】
・「スプラッシュ型バンカー・ショットの習得」(tips_153.html)
・「ダウンヒルのバンカー・ショット」(近日公開)

(May 10, 2017)

バンカー・ショットに必要なパワーを得る

 

LPGAツァーのJenny Shin(ジェニィ・シン、韓国、写真)の2016年のツァー優勝は一勝だけでしたが、サンド・セーヴ率63%という画期的な成果を収めたため、'Golf Digest'誌が見開き二ページで彼女のバンカー・ショット技法を紹介しています。彼女は次のように述べています。

'Bunker basics'
by Jenny Shin ('Golf Digest,' October 2016)

「腕による大きなスウィングをするが、アドレスで形成した手首の角度を維持すること。下半身も捻転させることを忘れてはいけない。あなたの目標は、バックスウィングの間じゅう手首の角度をそっくりそのまま維持し続けることだ。

砂を打ち抜き続けること。多くの人々がフォロースルーを忘れて、脱出に失敗する。必ず、フル・フィニッシュをするように

[icon]

Jenny Shinのメソッドはエクスプロージョン型ですが、スプラッシュ型でも両膝を使って「下半身を捻転させる」べきなのは同じだと思います。

 

バンカーでは、砂の抵抗に勝つため距離の三倍のパワーで振り抜く必要があると云われますが、うっかりするとそれを忘れてしまい、見た目の距離に影響され、フォロースルーを制限してしまいがちです。スプラッシュ型はエクスプロージョン型ほど力が要らないとはいえ、きっぱりしたパワーは必須です。以下はパワー不足を補う方法三種。

a) 左爪先をオープンにする

 これは非常に簡明ながら役に立つ方法です。左爪先をターゲットに向けておくと、努力せずともインパクトからフォーロースルーへスムーズに身体が廻り、自然な加速が得られます。これは'495 Golf Lessons' (Digest Books, Inc., 1973)というArnold Palmer(アーノルド・パーマー)の本で見つけたtip。

b) Walk-through(ウォーク・スルー)フィニッシュ

 

 Gary Player(ゲアリ・プレイヤー、写真中)で有名な、インパクト直後に打った方向に歩き出しちゃうフィニッシュ。これは止まっていられないエネルギーを内包している証拠で、充分なパワーによって砂を打つことが出来ます。

c) 左へ引っ張り抜くフォロースルー

 これはLPGAツァーの若手Lexi Thompson(レキシィ・トンプスン、写真下)が通常のショットで見せるスタイル。まるでスライスをパワーでねじ伏せようとしている素人のように、左へ誇張して引っ張るフォロー。

以上のどれもバンカーでのパワー生成に役立ちます。

 

(May 10, 2017)



[Anim icon]

 Copyright © 1998−2017   Eiji Takano    高野英二
[Mail]
 Address: Eiji Takano, 421 Willow Ridge Drive #26, Meridian, MS 39301, U.S.A.