November 30, 2016


ツァー・プロの契約金

 

ツァー・プロの身体は、NASCAR(ナスカー)のレーサーほどではないとしても、「歩く広告塔」あるいはサンドイッチマン以上と云えるほどロゴだらけ。帽子(正面、左・右、後部)、襟(左・右)、袖(左・右)、胸(左・右)、首の後ろ(紋付の紋の部分)、スラックスの太腿、手袋等々。そのウザったい広告(=ダサい身なり)によって、プロたちは一体いくら貰っているのか?その料金は極秘なのだそうで、業界通の証言から類推するしかないそうです。

[Sung hyun Park]

この記事は六年前のものなので、現在では契約料が変わっていると思われます。なお、ドル→円変換してみましたが、ドルや円の値打ちは日々変わることを御承知おき下さい。

'Logo lotto'
by Peter Finch ('Golf Digest,' October 2012)

「Jim Furyk(ジム・フューリク)は'、2012年に'5-hour Energy'(ファイヴアワー・エナジー)というスポーツ・ドリンクと契約した。彼のエージェントはその契約の額を明らかにしない。だが、業界通数人は約12億〜15億円だと推測している。

Jim Furykは帽子の正面と胸の左側(ゴルファーの身体における一等地)に'5-hour Energy'のロゴをつけている。【註】これは普通のPGAツァー・プレイヤーなら年に約2,550万〜2億円、LPGAあるいはChampions(チャンピオンズ)ツァーなら約1,300万円〜5,100万円、Web.comツァーなら約255万〜510万円だそうだ。

【編註】Jim Furykの'5-hour Energy'との契約は満了したようで、現在彼は'Callaway'(キャラウェイ)ロゴの帽子をかぶっています。

Nike(ナイキ)とTaylorMade(テイラーメイド)は少し変わっていて、プロが他の会社のロゴを身につける付ける余地があっても、エクストラの金を払ってそれを阻止している。

【編註】Nikeは2016年をもってゴルフ用品製造・販売から手を引く決断をしました。莫大な契約金でウハウハしていたTiger Woods(タイガー・ウッズ)、Rory Mcilroy(ロリィ・マカロイ)、Michelle Wie(ミシェル・ウィ)などはショックでしょうね。

プロの契約金は競技大会にロゴを身につけて出場するためにだけ支払われるのではない。会社主催のいくつかの催しに個人として出ることと、宣伝のためのイメージ製作(CM、ポスター、パンフレット等)に協力することなども含まれている。三社か四社と契約している典型的なプロの場合、一年に6〜15日ほどそれらに拘束される。

能力が同レヴェルであれば、控え目なプロより活発で派手なプロ、年寄りより若いプロの方が契約を得るのに有利である。

優勝し始めたりRyder Cup(ライダー・カップ)に出場が決まれば、契約料は三倍や四倍になる。『それは練習に励む大きな動機づけとなる』とヴェテラン・ツァー・プロは語っている」

[icon]

「Titleist(タイトリスト)は、私に彼らのボールを使わないでくれと多額の契約金をオファーして来た」
Bob Hope(ボブ・ホープ)【編註:下手っぴに使われると逆宣伝になるから…という冗談】

【おことわり】画像はwww3.pictures.zimbio.comにリンクして表示させて頂いています。

(November 30, 2016)

PGAツァー・キャディがPGAツァーを告訴した結果

 

2015年にツァー・キャディ168名が「自分たちの収入と無関係な広告(ロゴ)を印刷したビブ(よだれかけ)を着せるのは、強制的にキャディを歩く広告塔とするもので、キャディの権利を侵害している」とPGAツァーを訴えました。彼らはPGAツァーが得た2013〜2014年シーズンの広告収入約50億をキャディに還元せよと主張。公判は、2016年三月、カリフォーニアの連邦裁判所が全面的にキャディたちの主張を退けて幕を下ろしました。

裁判長は、「ビブはキャディのユニフォームと云えるものであり、何十年も続いている伝統的な慣習である。トーナメントの間、ビブを身につけるのはキャディの仕事の一部である」と、キャディたちの主張を認めなかったそうです。

キャディたち多数は、抗告してこの件でこれからも思い煩うよりは、本来の仕事に戻りたい…と考えたそうです。

(November 30, 2016)

プロも木から落ちる

 

インストラクターDr. T.J. Tomasi(T.J.トマシ博士)による丸山茂樹の'58'に関する考察。

'Ask The Pro'
by Dr. T.J. Tomasi (Andrew McMeel Publishing, 2001, $12.95)

Q: 私も仲間たちもプレイにムラがある。われわれのスウィングは褒められたものじゃないから、まあ理解出来る。理解出来ないのは、ツァー・プロたちが、ある日は目の覚めるようなプレイをし、次の日には惨めなプレイをしたりすることだ。彼らはスウィングを確立しているわけだから、メンタルな問題に違いないと思うが。

A: メンタルで正解。日本の丸山茂樹は2,000年のU.S.オープンの参加資格認定ラウンドで驚くべき58を記録した。彼はWoodmont C.C.(ウッドモントC.C.)の南コース(パー71)で11バーディと一つのイーグルで29-29=58を達成した。No.6からNo.13までのスコアカードは、3-3-3-2-3-3-2-3と、まるでパットパットゴルフのようだった。だが丸山は初日に73を叩いていて【註参照】、それは58を16打も大幅に上回っている。

【編註】初日が58だったという説もありますが、初日でも二日目でもこの記事の趣旨には関係ないので、そのままにしておきます。

一体どうなっているのか?一人のゴルファーが、ある日は73で足を引きずりながらとぼとぼと帰宅し、24時間後には58でコースをぶちのめして降伏させることが出来るなんて?いったんスウィングを修得したら、こうした大変化の原因は脳を流れるメンタル・サイドの問題なのだが、スウィングは目に見えるので好調なら褒められるし、そうでなければ貶(けな)される。

問題は、スウィングにあまりにも重きをおくことが、あなたの今後のゴルフ人生にずっと続く悪循環に繋がることだ。大抵のゴルファーが悩む基本的誤解は、いいショットを放つことに関わる唯一無二のものはスウィングの機械的動作だと思うことであり、正しい動作を身につければいいゴルファーになれると思い込むことだ。丸山はある日彼のスウィングを忘れ、翌日に思い出したのであろうか?否。彼はある日は脳を貧弱に働かせ、次の日にはうまく働かせたのである」

[icon]

プロでさえいい日と悪い日があるのですから、私などの好調が二ラウンド続かなくても当たり前ですね。三日お寒い日が続き、やっといい日が一日。これを私は「三寒一温」と呼んでいます。

 

1999年にミシシッピ州で初めて開催されたメイジャー(現在までこれが唯一無二)U.S.女子オープンを見に行きました。会場へ着くなり、練習場からクラブハウスへ戻るNancy Lopez(ナンスィ・ロペス)と遭遇。私がすれ違いながら"Good luck!"(幸運を!)と云うと、彼女は"Thanks!"(ありがと!)と応じてくれました。二年前、悲願のU.S.女子オープンに王手をかけたのに惜しくも二位に甘んじたNancy Lopezは、全英女子オープンを除く他のメイジャーに複数回優勝しているのにこの大会だけ優勝を逸していたのです。このU.S.女子オープン、彼女は残念ながら予選落ちしてしまいました。

2001年、ミシシッピ州の州都Jackson(ジャクスン)近くで開催されたSouthern Farm Bureu Classic(サザン・ファームビューロー・クラシック)を見に行ったところ、練習場へ向かう丸山茂樹とすれ違いました。私が「頑張って下さい!」と声を掛けても、返事は無し。無言で頷いただけでした。メイジャーに多数優勝しているNancy Lopezでさえ返事してくれたのに、「何だ、偉そうに!」と思いましたね。「や、どうも!」とか、「ありあたっす!」とか云えば、ファンになったかも知れないのに。

(November 30, 2016)

ゴルフGPS

 

日本では「ゴルフ用GPSナビ」と称されているようですが、ここでは単に「ゴルフGPS」と呼ぶことにします。

これまではIZZO Golf製のSWAMI 1500という、文字表示しかない廉価版を使って来ました。友人が別の友人から買ったものを25ドルで買い受け、私が三人目の所有者となったのですが、それは一年経った頃機能しなくなってしまいました。同じSWAMI 1500を使っていた友人Keith(キース)が高機能のものに買い替えると云い、お古のSWAMI 1500を私に只でくれました。これも二年もしないで衛星からのシグナルを受信しなくなってしまいました。

使っている時はさほど便利だとも思っていなかったのですが、無くなってみると突然盲目になったような気がしました。ゴルフGPSに完全に頼り切っていたわけではなく、常に地面に設置されたヤード表示や立ち木の目印を第一の目安とし、それらの中間に位置した時に、自分の勘によるヤーデージをGPSで確認していたという感じ。GPSのいいところは、コースが設置した目印から離れたところにボールがある場合です。GPSが無いと「ピタゴラスにキャディをさせる【斜めヤーデージの研究】」(tips_156.html)のような足し算・引き算をしないといけませんが、GPSは正確に計算してくれます。

私はおっちょこちょいで、地面の100ヤードの表示から10ヤード後方にいるのに、引き算して90ヤードとしてプレイしたり、逆に10ヤード前方にいるのに足し算して110ヤードとしてプレイしたことが何度かあります(T_T)。GPSを併用すれば、そういう馬鹿げたミスは無くなります(^^;; 。

[GPS]

というわけで、GPS抜きのラウンドは考えられず、高い買い物を覚悟しました。友人Keithが使っているのは道路や空路などのGPSを開発したGarmin(ガーミン)という会社の"Approach G7"というモデル。彼が機能をデモして見せてくれました。これはホールのレイアウトがグラフィック表示されます。年中プレイしているコースにこんなグラフィック表示は不要なので文字表示だけにも出来るのですが、知らないゴルフ場へ行くと見えないバンカーや小川などを教えてくれるので助かるとのこと。勾配を計算してヤーデージを増減したり、タッチパネル方式でピンの位置を指で動かすと、即座にヤーデージも変わるのが凄い。自動的にホールが前進してくれる機能も便利。液晶というのは日陰でないとよく見えないという先入観があったのに、これは陽光の下でもクリアに見えるのに驚きました。彼が「充分満足している」というので、私も同じものを購入することにしました。

Approach G7の写真は、左からイントロ画面、レイアウト表示、文字表示を順に表しています。この他にグリーンだけを拡大表示するモードもあります。

Keithは新品を180ドルぐらいで買ったそうですが、私はオークション・サイトeBayで"refurbished"(店頭展示品とか返品された製品を、メーカーが新品同様に再整備したもの)を見つけ、それが130ドルと格安だったので注文しました。私のiMacも"refurbished"でメーカーの保証もあり、無償修理して貰えましたから心配しませんでした。そして、現在このGPSは期待通りに私を助けてくれています。

私の仲間のゴルフGPS所有者たちの多くは、15〜35ドルもするGPSホルダーを購入してカート上に設置しています。私は有り合わせのプラスティックと薬の空き瓶で、見てくれも機能も申し分無いGPSホルダーを製作し、35ドル節約しました。これで私のGPSは、実質的に95ドルになりました\(^o^)/。

【おことわり】画像はwww3.pictures.zimbio.comにリンクして表示させて頂いています。

(November 30, 2016)



[Anim icon]

 Copyright © 1998−2016   Eiji Takano    高野英二
[Mail]
 Address: Eiji Takano, 421 Willow Ridge Drive #26, Meridian, MS 39301, U.S.A.