【詳細 3】

当時セントラル・ハイの女生徒担当の教頭だったElizabeth Huckaby(エリザベス・ハッカビィ)の回想記'Crisis at Central High'を読みますと、こうした黒人生徒いじめの背後にはCentral High Mothers' League(セントラル・ハイ母親連盟)というものがありました。子弟がセントラル・ハイに通学していない者まで含む人種差別主義者の集団で、さらに彼らの背後には州知事Orval Faubus(オーヴァル・フォーバス)の姿がありました。知事とMothers' Leagueの入れ知恵によって、差別主義者の娘や息子たち(在校生)が様々ないじめのリーダーとなり、そのリーダーたちは知事のオフィスに報告に行っていたことまで知られています。

生徒の一人Melba Pattillo(メルバ・パティロ)が書いた本'Warriors Don't Cry'を読んだ時もそうでしたが、Elizabeth Huckabyの本にも日々の白人生徒たちによるいじめの詳細が書かれていて、読むのが非常に辛い。「早く学期休みになってくれ」と祈りたくなります。

人種差別主義者の親たちの頑迷さ、陰険さにも辟易します。彼らは学校の人種統合に賛成する人々を、それが友人であろうが有名人であろうが"Nigger lover"(黒人びいき)と云って迫害しました。比較的緩やかな人種統合のプランを打ち出した教育委員長もそう云われましたし、そのプランを忠実に実行しようとした校長、教頭Elizabeth Huckabyまでそう罵られました。黒人生徒たちの初登校日に、白人たちに取り囲まれたElizabeth Eckford(エリザベス・エックフォード)を助けてバスに乗せた婦人(白人)の家にも爆弾が投げ込まれました。ラジオで人種統合を援護する発言をしたタレントも職を失い、それまでの友人・知人から白い目で見られるようになり、他州に引っ越さざるを得ませんでした。

【閉じる】





Copyright (C) 2002-2004 高野英二 (Studio BE)
Address: 421 Willow Ridge Drive #7, Meridian, Mississippi, U.S.A.